英語対応|外資系企業特化|元社長が社長をサポート|レイワ社会保険労務士事務所

【英語対応OK】外資系企業・中小企業向け人事労務サービス・業務改善支援なら、東京都墨田区のレイワ社会保険労務士事務所にお任せ下さい。

ホームブログ ≫ 社員が新型コロナウイルスに感染したら?会社の対応 ≫

社員が新型コロナウイルスに感染したら?会社の対応

2019nCoV-200130monos_niid
簡単にまとめると:
*感染が確認→
都道府県知事の指示により労働者が休業→
休業手当の支払いは必要無し

*感染の疑いがある→
会社の判断により労働者が休業→
休業手当の支払いは必要

ーーーー詳細ーーーー
新型コロナウイルスに感染していることが確認された場合:
<就業禁止>
労働者が新型コロナウイルスに感染していることが確認された場合は、感染症法に基づき、都道府県知事が就業制限や入院の勧告等を行うことができることとなります。
(感染症法により就業制限を行う場合は、労働安全衛生法第68条に基づく病者の就業禁止の措置の対象とはしませんが、感染症法の制限に従っていただく必要があります。)
<休業手当の扱い>
新型コロナウイルスに感染しており、都道府県知事が行う就業制限により労働者が休業する場合は、一般的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当しないと考えられますので、休業手当を支払う必要はありません。
※休業手当を支払う必要がないとされる場合においても、自宅勤務などの方法により労働者を業務に従事させることが可能な場合において、これを十分検討するなど休業の回避について通常使用者として行うべき最善の努力を尽くしていないと認められた場合には、「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当する場合があり、休業手当の支払が必要となることがあります。

新型コロナウイルスかどうか分からない時点での対応:
<自主的に休む場合>
新型コロナウイルスかどうか分からない時点で、発熱などの症状があるため労働者が自主的に休む場合は、通常の病欠と同様に取り扱っていただき、病気休暇制度を活用することなどが考えられます。
<使用者の自主的な判断で休業させる場合>
一方、例えば熱が37.5度以上あることなど一定の症状があることのみをもって一律に労働者を休ませる措置をとる場合のように、使用者の自主的な判断で休業させる場合は、一般的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」に当てはまり、休業手当を支払う必要があります。

出典 : 厚生労働省ホームページ 新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html
 
2020年02月09日 18:58

首都圏全域対応|英語対応可

レイワ社会保険労務士事務所
Reiwa HR Solutions

〒130-0002
東京都墨田区業平3-11-7-203

TEL/ 090-2550-2468
FAX/03-3624-0670

受付時間/9:00~18:00
年中無休

サブメニュー

モバイルサイト

レイワ社会保険労務士事務所スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

公式LINE ID:@583rylhp

お友達登録の上、ご連絡ください。